労災(休業)

労災によって仕事を休んだ期間の収入の約8割が支払われます。

支給要件
①~③のすべての要件を満たす必要があります。
① 業務上の事由または通勤による負傷や疾病による療養であること
② 労働することができないこと
③ 賃金を受けていないこと(1日当たり受ける額が、1日の平均賃金の6割以下の場合も含む)

期間
休業4日目からその期間中支給されます。(療養開始後1年6ヶ月経過し、その傷病が治っておらず傷病等級表の傷病等級に該当する程度の障害がある場合は、傷病(補償)年金の支給となります。)

※ 上記の①〜③を満たしていれば、会社の所定休日分も支給されます。

※ 勤務日数(例:週2)にかかわらず、上記①〜③を満たしていれば支給されます。

※ 週1回通院などの状況も、上記①〜③を満たしていれば通院日のみの支給もされます。

支給内容
休業4日目から、1日につき給付基礎日額の80%(保険給付60%+特別支給金20%)が支給されます。

※ 給付基礎日額 → 労働基準法の平均賃金に相当する額を指します。

※ 平均賃金(一日当たりの賃金額) = 傷病が起きた日の直前3か月間に支払われた総額 ÷ 期間の日数

※ 賞与や臨時的に支払われるものなど、3か月以上期間が空いて支払われるものは賃金に含みません。


請求方法
本人が、直接、労働基準監督署に請求書を提出します。

留意点
・休業初日から3日目までは労災保険からの支給はありません。この間は、業務災害の場合、事業主が休業補償(1日につき平均賃金の60%)を行うことになります。

・健康保険からの傷病手当金を受け取れる資格があっても、労災と同時に受けることはできません。
 ただし、休業補償の金額が傷病手当金の金額より低い場合、その差額分が支払われる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です