労災保険制度

仕事中や通勤中に起きた怪我や病気に対して経済的なサポートをしてくれます。

誰が払う?

会社が払っている保険料でまかなわれます。

対象は?

原則として、一人でも労働者を雇っている会社なら適用です。業務内容や規模に限らず、アルバイトやパート等の雇用形態も関係なく給付されます。

種類は?

・療養 → 労災による負傷や病気の治療費などが全額支払われます。

・傷病 → 療養開始後1年6ヶ月以降、まだ負傷や病気が治っていない場合に支払われます。

・休業 → 労災によって仕事を休んだ期間の収入の約8割が支払われます。

・障害 → 労災によって障害が残ってしまった場合、年金か一時金が支払われます。

・介護 → 労災によって介護が必要になった場合、その費用が支払われます。

・遺族 → 労災により本人が亡くなった場合、遺族に年金か一時金が支払われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です